クレジットカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。
中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。
ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。
連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。
スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。
そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

買い物をするときに便利なアコムマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。
結論から言うと審査なしでカードは発行されません。
申し込み時に必ず審査が入ることになっています。
なぜ審査をするかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。
なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。
若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。
1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。
各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。
アコムマスターカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。
審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。
ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を入力するケースもあります。
そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。
大きい買い物をする際やネットショッピングなど様々な場面で便利になるアコムマスターカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。
まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。
クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。
審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。
住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。
家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?
現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。
審査をしてカードを発行しないと利用ができません。

初めてカードを発行するときについて説明します。
申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。
申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。
結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。
高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができる便利なアコムマスターカードですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。
クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。
そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。
最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。
払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

アコムマスターカードについて調査していると時折このような話を聞きます。
それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。
そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。
審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。
滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。
見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

ローンやアコムマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?
収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。
場合によっては職業などの属性という人もいますね。
では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。
年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。
職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。
信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などアコムマスターカードが必要な時が増えてきました。
現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。
初めてカードを発行する場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。
主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。
収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。
なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。
その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。
クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。
逆にカード決済でトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。
クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります。

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。
知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。
まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。
そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。
そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。
乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

アコムマスターカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。
都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。
結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。
では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。
それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。
カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

いざという時あると便利なクレジットカードは数多くのカード会社があるのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方が大半でしょう。
どこの会社で作るか迷っている時のクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。
年会費がかかるのが嫌な場合は年会費0円のクレジットカード会社を。
キャッシングも考えている人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。
サイト参照:アコムマスターカードの即日作り方は?今日使いたい【即日発行の方法】

ネットショッピングで便利なのでアコムマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。
特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。
プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。
基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。
カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。
カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがアコムマスターカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。
職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に落ちるという話もあります。
逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。
その理由としてはどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。
正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。
よくTVなどで見るアコムマスターカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。
実際に多くの人が持っているのは事実です。
クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。
実際に調べてみました。
審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。
勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

関連記事

    None Found